画像診断セカンドオピニオン

納得して治療法を選択することは、
患者様(あなた)の持つ基本的な権利だと考えます。

あなたにとって最善と考えられる治療、それは主治医以外の医師の意見を聞くこと。それがセカンドオピニオンです。

セカンドオピニオン外来で、あなたの診療情報や画像診断検査のデータ、フィルム、読影結果を基に画像診断専門医によるコンサルテーションを行います。

医療が進歩して様々な治療法が生まれている現在では、医師によってあなたの病気に対する考え方が異なることがあります。
また、医師や病院によって、医療技術や診療の方針も差があることもあります。
そこで最善と考えられる治療をあなたと主治医で判断するために、主治医外の医師の意見を聞くことが重要です。それがセカンドオピニオン外来です。治療の選択肢が広がれば患者さまの希望に繋がると考えます。
セカンドオピニオン外来では、委任状(形式は自由)があれば、ご家族の方からのご相談も承っております。

がん診療のサイクル

がんの診療は、「予防(再発予防)」→「精密検査・診断」→「手術+治療」→「術後評価」というサイクルで診療が実施されています。しかし、一般の治療医療機関では、どうしても混雑から術後の評価に関しては、十分な検査や経過観察体制が整備されているとは言い難い状況です。

リ・ステージングの重要性

なぜ画像診断が重要なのか?

術後、放射線治療や化学療法を適切に実施するには、今の病状をしっかりとステージングし直すことが大切です。これをリ・ステージング(re-staging)といいます。
リ・ステージングを行うには画像診断が極めて重要な役割を果たします。
まずは術後の治療を行う前に、画像診断として、PET/CTおよび頭部造影MRIなどの検査を実施するべきであると考えます。
画像診断セカンドオピニオン外来では、全身のがんの状態を明らかにし、治療ターゲットを的確に絞り込むことにより、今の生活の質(QOL)を落とさないための治療をご提案いたします。

術後治療のフロー

当院では、リ・ステージング(re-staging)により問題となっているところをトモセラピーでたたき、積極的に免疫細胞療法(低分子化フコイダン療法を中心としたサプリメント療法、BAK療法・樹状細胞療法)や遺伝子治療を実施しています。

リ・ステージングに必要な検査

当院は、腫瘍マーカーがあがってきた、あるいは術後なにも経過観察の画像診断を実施されていない患者さん向けに、PET/CT検査および頭部造影MRI検査の画像診断によるリ・ステージング(re-staging)を行います。
術後の再発転移が明らかでない患者さんには、テロメスキャンを追加し画像診断で特定できない5mm以下のがんの特定を行います。

画像診断とテロメスキャン

●テロメスキャン陽性かつ、画像診断で有意義な所見なしの場合、低分子化フコイダン療法を
 中心としたサプリメント療法や
BAK療法等の免疫療法へ
●テロメスキャン陽性かつ、画像診断にて所見ありの場合、化学療法・放射線治療等の通常治療法
●テロメスキャン陰性の場合、テロメスキャンによるフォローアップ

がん再発セカンドオピニオンの受診方法

  • 初診のご予約

    お電話・メールフォームよりご予約をいただきます。

  • 資料のご準備

    ケースに応じた必要な書類をお伝えいたしますので、ご用意ください。
    (例)これまでの検査結果(CT・MRI・エコー・X線・一般血液検査)、現在服用中の薬剤など

  • ご来院

    セカンドオピニオン、再ステージング、治療計画の立案等

セカンドオピニオン外来に持参して頂くもの

・申込書
・診療情報
・画像診断検査情報(フィルム、CD-ROM等、画像診断書類等)
・その他、各種検査記録等

※画像診断検査情報はCD-ROMが良いですが、フィルムも可能です。
※画像診断検査情報の取り寄せでご不明な点は、当院にお問い合わせ下さい。
※ご家族だけでの相談の場合、委任状が必要です。(委任状の形式は自由)
※患者様が未成年でご相談の場合、患者様とご相談者の続柄を証明する書類が必要です。

セカンドオピニオン外来の費用

項 目 費 用 備 考
初診 20,000円 30分(以降30分毎/10,000円)
再診 10,000円 30分(以降30分毎/10,000円)
画像鑑定 10,000円 受診当日あたり
診断書・診療情報提供書 10,000円 受診当日あたり

※税抜価格にて表示